6、魔霊

さて、乙女のように期待して「新月のソウルメイキング」ジャン・スピラー著 徳間書店 を人に薦められて求めたんや、願い事を十個 弐月弐八日に本のすすめのように・・・願ってみたんや。

早速その日の午後から、何ぞが変化してきたんや。はてはて?変化を恐がらんように・・とも書いたったし・・これは願いが叶う前の変化なんかな?ちーとばかしおかしいな? 妙な変化が色々と・・・やはりおかしい、と思い色々とサーチしてみたんや。

半月ほどたったトコでや。普通の憑依霊ではなんかしら体感があるんやが、そrがない。どうも魔霊にとり付かれとったようや。魔霊は、ただバックでスタンドしとる感じや。なあんもおまへん。全くなあんもおまへん。すぐに気付いたんで浄化し、ハートも落ち着きナウは元に戻ってきたんや。守護霊と一緒に願う、またはゴッドに願う、ちう場合はガードされていて大丈夫やけどアンタ、ただチカラがストロングやからといって なあんも無く願うと、魔霊に身体をスチールされることがあるちうわけや。と知識ではアイノウやったんやが、リアルに体験するとは思いまへんやったちうわけや。動物霊や魔霊にチカラをレンタルして気功師をやっとる人もみえまんねん。

ミラクルを売り物にする、横柄であるやらなんやらが特徴や。ワイがワイがや、目立ちたいやらのハートの隙にスチールされるようや。わいが何をおねがいしたんか?はネバーに言えまへんや。はずかすぃす~・・・