5、ドラッグ

そんなら意識の高いオイラもちょいとやってみやしょうか。ちうことで、デトックスなる流行語にオーサライズしちゃって、ケミカル物質を体中から抜きやしたんや。翌日:はて?んん?何も変わらへん。

翌々日:なんかちょっとヘロッてるかも?トイレで大がビッグに出る。    いや~マキシマムに出たなぁ・・充実感も得てすっきりや翌々々日:逆に~ヘロヘロ・・この味わいのダルさは10年ぶりくらいや。     レストルームで大がナチュラルに出る。ダルさが消えたん。臭いは特に判らへんかったけど、まっ・・こんなもんでログアウトやと思うんや。

昔、ロングタイムの薬の飲みすぎで、ケミカル物質過敏症になっとったパーソンに同じことをして、そのパーソンは毎日オシッコが薬くさいんがマックス出ると言うてましたんや。

そのパーソンのご主人は「そんなフーリッシュな」と仰るんでカップにオシッコを入れてスメルをかがせたそうです。ラブというべきか意地というべきか。すっかりストロングになられて「ユーの気功は効くねぇ」とプライズを頂きましたんやが、どうなったか病院の先生にエクザミネーションしてもらおうと、またクリニックに行きドラッグをもらってきたそうなんやて。あかんやん。ア・マンスアゴー、また気功の依頼があったんや。「マッチエフェクトな気功をやって」と・・・うーむむむ・・・